ホワイトニング

ブログ

ファミリーキッズクラブ

ししどファミリー歯科 稲田堤駅前

ししどファミリー歯科稲田堤駅前

ブログ

症例 全顎治療ケース インプラント併用 

こんにちは。院長の宍戸です。

今日は全体的に治療させていただいた患者さんのメインテナンスでした。

前回インプラントケースを報告させていただく流れだったので、患者さんにブログの許可をいただきました。

この患者さんは、ご家族とその親戚の方からご紹介いただき当院に受診されました。

当初は治療に後ろ向きだったことをよく覚えています。

初診時です。

人前にでるのがいやだと当時はお話をされていました。

レントゲンです。

 

治療計画上どうしても期間はかなりかかることをご説明し、スタッフ全員一丸となって、みなで協力して患者さんの治療にあたりました。もちろん最初の状態だけに患者さんは一番頑張って歯ブラシや通院を継続してくれました。

2年近くにおよぶ治療がすべて終わった状態です。

噛み合わせの高さを調整し、そこが決まると外科手術、いわゆるインプラント治療となりました。

ご年齢が40代とまだお若い方なのですが、上顎の骨が全くなく、右側についてはサイナスリフト 左側についてはソケットリフトで対応しました。現在レントゲン写真でもよく骨ができているのがよくわかります。

当時左上6の圧下を試みましたが、これは全く動きませんでした。やはり歯根が上顎洞粘膜にくっついているものは、風船の上に根を押し付けている様なイメージで、必ずどちらかに流れますし、無理な力を加えれば根吸収を起します。

現時点では、より低侵襲な手術、そして治療期間のより短縮ができるよう日々勉強と鍛錬を行なっています。

今ふりかえるとそこは反省点であったかなと考えています。

全ての処置が済んでから2年ほど経過しておりますが、幸い今のところ問題はありません。

しかしこの方の人生はあと40年以上長く続くものですし、それだけ経過をおって一生のこの患者さんとお付き合いしていきたいと思います。

 

インプラントや歯でお困りの方はししどファミリー歯科まで

 

カテゴリー